グローバルアトミ、 売上高2兆ウォン時代を切り拓く

Views 88 Date of filming
Print
 グローバルアトミ、売上高2兆ウォン時代を切り拓く半期売上高1兆ウォンを突破…前年比32%増 

グローバルアトミの半期売上高が1兆ウォンを突破した。 この傾向が続けば今年に2兆ウォン時代を切り拓くことがほぼ確実であると予想される。
アトミ海外事業部のイ・ヒョヌ専務は7月、「多くの海外法人が50%以上の成長を遂げている」とし「下半期も成長が続くとみており、
今年は2兆ウォン以上の売上高を見込んでいる」と述べた


インドネシアとロシア法人、2.5倍以上の売上高増加
今年上半期におけるグローバルアトミの売上高は、2020年上半期比で32%増加した。 特に注目すべきことは、海外売上高が韓国国内売上高を上回るかどうかである。 上半期の結果だけみると、既に海外売上高は韓国国内売上高よりも約1,000億ウォン上回っている。 また、1,000億ウォン以上の売上高を達成している法人に、マレーシアとアメリカ法人が加わり、計4法人に増える見通しだ。 上半期時点で、中国法人の売上高は2,000億ウォンを超えた。また、台湾法人は1,000億ウォンに迫る売上高を記録し、2,000億ウォン達成への期待が高まっている。 マレーシアとアメリカ法人は1,000億ウォンの半分以上を超える売上高を達成し、ロシア法人も大幅な成長を続ける中、下半期を迎えた。 売上成長率が最も高い法人は、ロシアとインドネシア法人だ。 ロシア法人は、上半期の成長率が前年同期比でなんと178%(2.78倍)に達し、インドネシア法人は170%(2.7倍)に達するなど驚異的な伸びを示した。 3番目に高い成長率を示したのは、マレーシア法人で83%、カナダ法人が62%、メキシコ法人が58%とそれに続いた。 カナダとメキシコ法人の成長は特に際立っている。 今年で設立10周年を迎えるカナダ法人は、最近オフィスを移転し、新たな10年に向けて取り組んでいる。 また、メキシコでは、コロナ禍の影響によりオンラインショッピングが急速に拡大しており、メキシコ法人は今後さらに成長することが期待される。

GSGS、成長の一軸を担う
海外法人の成長には、アトミのオンラインへの対応力が大きな役割を果たしたと考えられる。 進出当初から製品注文はもちろん、会員登録などすべてのビジネスがオンラインを中心に行われ、新型コロナウイルスによるソーシャルディスタンスの影響を最小限にとどめることができた。 また、現地のサードパーティ(3PL)物流専門企業と協業することで、配送の充実を図った。 特にサクセスアカデミーなどの成功システムを迅速にオンライン化することで、会員のビジネスロスを最小限に抑えたことも大変役に立った。 もう一つ、欠かせないのはアトミのグローバル流通戦略であるGSGSの拡大だ。 世界各地で生産されるマステージ製品を世界中のグローバルアトミの流通網に乗せることを目指すGSGSでは、今年上半期に約470億ウォンを達成、年間1,000億ウォンを突破できると期待されている。 過去3年間で年平均成長率が58%に達するほど急成長を遂げている。 GSGSは海外法人の安定的現地化をサポートしている。 海外で現地の人々に馴染みのあるマステージ製品を見つけて販売し、またその製品を輸出できるようになれば、それだけアトミは身近な存在になる。 単なる外国製品の輸入業者から自国の産業を発展させる企業として位置づけられるのだ。 実際に台湾法人は今年、輸出額1,000万ドル(約117億ウォン)を見込んでおり、日本法人は200万ドルを超える見通しだ。 そのうえ、アメリカ法人は今年の下半期、健康食品を海外法人に輸出する計画で、中国法人もアップルチップを発売し、GSGSの展開に拍車をかけている。

グローバル展開 - ニュージーランド、トルコ、イギリス、カザフスタン、キルギスなどに法人設立
今年、新たに設立した法人はニュージーランド、トルコ、イギリスの3法人だ。 また、今年の下半期にキルギスやカザフスタンなど計5法人が、正式に営業を開始する計画だ。 トルコの場合、設立初月から約18万人が会員に登録するなど、予想を上回る業績を収めた。 新型コロナウイルスによるロックダウンや大規模な山火事などの災難の中で、まさに「風迅鳶騰(風が強く吹けば吹くほど凧はより高く飛ぶ)」を見せている。 イギリス法人は正式に営業を始める前にも関わらず、アブソリュートスキンケアで化粧品アワードの受賞の栄光を手にした。 この勢いでイギリス法人は、正式に営業を開始して数時間で1億ウォン以上の売上高を達成するなど、下半期に期待される法人として注目を集めている。 また、9月と10月に設立予定のカザフスタンとキルギス法人も、ロシア法人の成長と相まって、高い業績を上げると予想される。 2022年にもアトミの海外展開は継続していくと見込まれる。 南米最大の直接販売市場であるブラジルをはじめ、中央アジアのウズベキスタン、モンゴル、欧州のスペインやドイツなどでも消費者に紹介される予定だ。 今後5年間でアフリカ大陸を含む世界の全大陸で、アトミの営業が開始されると見込んでいる。 世界中の80億人の人々がアトミと共に歩むその日は遠くない。


主な海外法人の上半期状況

ニュージーランド法人
会員の半数以上が30~40代
今年3月に設立したニュージーランド法人は現在、オンラインセミナーを定期的に実施しており、成長基盤の確保に取り組んでいる。 特筆すべきは、会員の半数以上が30~40代である点だ。 この年齢層の会員は他の年齢層に比べ、相対的に活発なビジネスの展開を見せてくれるからだ。 現在、5つのセンターが運営されている。 ほぼすべての情報のやりとりやセミナーがオンラインで行われている。 ニュージーランド法人の関係者は「シンプルで迅速な物流システムや、簡単で便利な注文システムの構築に取り組む」とし「円滑で安定したショッピングモールなど会員が安心してビジネスに集中できるよう頑張っていく」と述べた。

マレーシア法人
初のクラウンマスター誕生
設立5周年を迎えたマレーシア法人は、初のクラウンマスターが誕生するなど、目覚ましい成長を遂げている。 また、昨年末のSME100アワードでマレーシア最高の中小企業に選ばれたことに加え、今年上半期にISO9001品質管理システム認証を取得するなど、持続可能性と共に顧客満足向上への取り組みが評価された。 キム・セウォン法人長は「今まで達成したことに満足せず、会員と共にいっそう成長できるように、ベストを尽くしていく」と述べた。

ロシア法人
旧ソ連経済圏をけん引しながら成長中
ロシア法人の成長は実に驚くべきことだ。 ロシア法人は今年上半期、前年同期比で3倍近くの成長を遂げ、旧ソ連経済圏をけん引する法人として成長して来ている。 この勢いで行くとロシア法人は2022年、1,000億ウォン以上の売上高を誇る五番目の海外法人になると予想される。 今年、台湾と中国法人に続き、米国とマレーシア法人が1,000億ウォン以上の売上高を達成することが確実視されているからだ。 ロシア法人のシン・ジェヒョン法人長は「旧ソ連経済圏は、世界経済のブルー・オーシャンになる」とし「アトミは、この市場を先取りする企業に成長していく」と述べた。

アメリカ法人
新たな10年に向けたスタートを切る
アメリカ法人の成長も著しい。 昨年比で48%増となり、上半期売上高が500億ウォンを大幅に突破した。 アメリカにおける直接販売が全体的に堅調な増加傾向にあることを考えても、アメリカ法人はティッピングポイントに達しているとみられる。 アメリカ法人の成長をさらに促進するため、積極的なGSGS戦略を策定している。 今年下半期は、「Made in USA」の健康食品を輸出する予定だ。 アメリカ法人のユ・ヒョンウ法人長は「アメリカでアトミの知名度が高まっている」とし「新たな10年に向けたスタートを切った」と述べた。

タイ法人
ビジネス基盤の安定化
タイ法人は堅調な成長を継続している。 今年上半期の実績は前年比で約10%増となり、会員数は約31万人でやや増加した。 厳しいコロナ禍の中、タイ会員はオンラインマーケティングやオンラインシステムに対応し、多くの成果を上げた。 特に新規および既存のタイトル保有者が2020年よりも増えており、ビジネス基盤が安定化していることが確認された。 タイ法人の関係者は「SNSを通じて会員に有益なコンテンツや、興味のあるアイテムに関する情報を発信することに重点を置いている」とし「ヤング・ジェネレーション・プロジェクトなどさまざまな活動を通じて、会員のビジネスが成長できるよう支援している」と述べた。

イギリス法人
欧州のヘッドクオーターとしての役割を自任
7月に設立した英国法人は、欧州全域を統括するヘッドクオーターとしての役割を果たしている。 設立後わずか1か月にも満たない間に、20万英ポンド(約3億2,000万ウォン)の売上高を上げるとともに、欧州全域で約52,000人の会員が登録するなど順調な動きをみせている。 特にオンラインで行われた法人オープン式は、約25,000人が視聴し、センセーションを巻き起こした。 イギリス法人のルビー法人長は「物流の効率性を高めるために、ドイツや周辺地域に物流倉庫を追加することを検討している」とし「欧州全域におけるアトミビジネス拡大に向けて最善を尽くしていく」と述べた。

コロンビア法人
成長ポテンシャルを蓄積中
昨年設立したコロンビア法人は、厳しい国内情勢の中でも、今年上半期に20億ウォン超の売上高を計上達成するなど、予想を上回る業績を達成した。 会員数もまた30万人を超えており、ポテンシャルを着実に伸ばしている。 新型コロナウイルスや激しい抗議デモによって物流などが困難になっていることを考えると、将来への期待は非常に大きい。 コロンビア法人の関係者は「新型コロナウイルスの影響にもかかわらず、事業者はZoomを使ってバーチャルイベント、ビデオ通話、対面トレーニングなどを活用し、成長に向けて取り組んでいる」とし「『斉心合力』の精神に基づき、共に成長することを目指してワークショップを行うなど、会員の成長を支援するために取り組んでいる」と述べた。

香港法人
無料配送条件の緩和など会員サービス拡大
昨年に設立した香港法人は、昨年設立した法人のうち中国に次いで2番目に高い売上高を達成した。 現在8つの教育センターを運営しており、セミナーやサクセスアカデミーをオンラインで行っている。 香港法人は、オンラインセミナーの質を高めるために、オフィスの上の階にスタジオを設けている。 香港法人の関係者は「オンラインマーケティングの時代に合わせて、より質の高いオンライン ワンデイセミナーやサクセスアカデミーを実施する」とし「無料配送条件の緩和、さまざまな決済方法の導入など、会員により良いサービスを提供するために頑張っている」と述べた。


 
編集者_イ・ヨンミン

인터넷 익스플로러 사용자는 [도구]-[호환성보기] 를 클릭하여 호환성보기를 해제하여 주시기 바랍니다.

    LOG IN

    Atomy Stream