新型コロナウイルスも防げなかったアトミの海外攻略

Views 417 Date of filming
Print

新型コロナウイルスも防げなかったアトミの海外攻略
下半期、コロンビアインド・トルコ・香港など相次いでオープン予定

2020年下半期、アトミの海外市場攻略はさらに加速する。
世界経済を萎縮させた「新型コロナウイルス感染症」の威力も、グローバルアトミの歩みを止めることはできなかった。
アトミが下半期に営業を開始する予定の地域は、世界2位の人口大国インドや中東、欧州をつながるトルコ、南米のコロンビア、そして香港などだ。
これに中国まで加われば2020年、アトミの海外市場の成長は想像以上になるだろうと期待を集めている。


コロンビア、ブラジル・メキシコに次ぐ中南米3位の直販市場
南米で4番目に大きい国であるコロンビアはカリブ海と太平洋に面しており、ベネズエラ、ブラジル、ペルー、エクアドルと隣接している。
2018年基準のGDPは3,302億ドルで、人口は5,088万人、1人当たりのGDPは6,651ドルを記録した。
中南米3位の内需市場であると同時に、アンデス共同体、太平洋同盟などの域内経済ブロック加盟国で人口2億の巨大市場を形成している。
特にコロンビアは政治的に安定していること07年以降から持続的な経済回復傾向を見せている。
また、南米の関門という地理的利点やアメリカ大陸の物流のハブへの発展を図る国家的目標など、成長潜在力が大きいと評価されている。
直接販売市場の成長可能性も非常に高い。



WFDSAの資料によるとコロンビアは2019年に前年比0.4%成長した23億ドルで、ブラジル(98億ドル)、メキシコ(60億ドル)に次いで中南米地域3位、世界17位となっている。
2019年基準のコロンビアの直接販売員総数は230万人と集計された。
特に、高い非正規職への依存度やサービス産業、一部の製造業に偏った雇用市場の構造、ベネズエラ難民の流入増加による9.7%という高い失業率は、追加の所得を必要とする人が多くなるという点で、直接販売市場には好材料として作用する可能性が高い。


コロンビアは製造業の基盤が中間財中心に形成され、消費財の生産基盤が脆弱で、耐久性消費財および一般生活消費財の輸入依存度が高いという点もアトミに有利だ。
ただ、貧富の格差による所得階層別の生活および消費パターンに明らかな差があり、上流および中流、そして低所得層に市場が二分しているため、価格によるターゲティング細分化戦略が必要とみられる。
特に、SNSやオンラインマーケットを通じてコストパフォーマンスを打ち出す積極的な製品の宣伝や、変化の早い消費環境に先手を打ち対応していけば、中南米市場においてアトミのフラッグシップマーケットに成長できると判断される。
コロンビアの直接販売市場の主力品目は「化粧品およびパーソナルケア」で全体直接販売市場の43%を占めており、次いで「衣類およびアクセサリー」と「ウェルネス」がそれぞれ33%、9%を占めている。
最も多く消費される化粧品には、香水(5億7900万ドル)と口腔用製品(5億3700万ドル)、男性用製品(5億1700万ドル)であることが分かった。
特にコロンビアの消費者は香水やスキンケア、カラーリング化粧品などを主に消費するという点で基礎化粧品の比重が高い韓国の化粧品市場とは異なる。
1人当たりの平均化粧品購入費用は79.8ドルだ。
大韓貿易投資振興公社(Korea Trade-Investment Promotion Agency、KOTRA)によると、コロンビアの経済成長率は2019年から2022年まで毎年平均3%程度伸びると予想されている。
また、物価が安定しており、2019年と2020年には民間消費がそれぞれ3.7%、3.2%増加すると見込まれている。
キム・チョルヒKOTRA研究委員は「中間層が増加しているメキシコ、コロンビア、ペルーの場合も中国、インド産製品と競争が激化しているが、コストパフォーマンスと革新性が高い韓国産製品に対する関心が次第に増加している」と述べた。
コロンビア法人の設立は現在完了しており、年内のオープンを目標に事務所のインテリア工事などの準備作業が進められている。

香港、アジア金融の中心地であり国際ビジネスの中心地

中国だが、中国とは異なる香港は徹底した自由市場経済体制を保持している。
特にサービスの比重が非常に高い産業構造で、対外依存性が大きい反面、アジア金融の中心地であり、国際ビジネスの中心地としても有名である。
また、中国本土との経済統合が加速化し、中国進出のための「テストベッド」の役割を果たしている。
KOTRAによると、香港は中国と違い、香港での化粧品流通のために衛生許可などの認証手順が必要なく、中国進出前に消費者の反応を確認し、ブランドイメージが高められるという特徴を持っている。
WFDSAの資料によると香港の直接販売市場規模は2019年基準で3億8,064万ドルとなっている。
2016年から2019年まで年平均成長率は2.0%であり、2019年のYoy成長率は1.9%を記録した。
販売員数は2019年基準で26万人余りと集計され、主力製品群は2018年基準で「ウェルネス」と「化粧品およびパーソナルケア」でそれぞれ62.4%、27.6%のシェアを見せている。
香港のウェルネス製品は主にスーパーマーケット、コンビニ、独立小売商を通じて販売されていることが分かった。
韓国農水産流通公社の資料によると、2016年、これら3つの流通ルートはそれぞれ70.0%と17.2%、3.6%のシェアを占めた。
特に、独立小売商は2012年から2016年まで、年平均15.6%の成長率を記録し、ウェルネス製品の主要流通ルートとして位置づけられている。
これは独立小売業者がスーパーマーケットやコンビニのない隙間を埋めてくれる点と、相対的に親近感がありオーダーメード化されたサービスが可能だからだ。
機能別では、一般ウェルビーイング(39.4%)、視力の健康(28.0%)、脳の健康および記憶力(12.1%)、消化器の健康(5.5%)および自由形(4.5%)などの順だった。
韓国農水産流通公社は「香港の消費者の健康に対する関心の増加、忙しい日常生活および人口の高齢化などに支えられ、関連市場の成長が予想される」とし「毎日数個の錠剤を飲むより便利な複合ビタミン製品に転換する傾向が広がっている」と話した。
香港の化粧品市場はそれ自体は大きくないが、中国進出のための戦略的な観点から相当な意味を持つ。
ユーロモニターは香港の2018年の市場規模を前年比6.8%増の38億7,000万ドルから2022年には49億8,500万ドルになると予測した。主要品目はスキンケア製品で全体の59.7%を占めており、カラーリング化粧品が15.1%、ヘアケア7.2%、香水類5.4%、シャワー用品4.4%、口腔ケア3.8%の順だ。
特に肌の水分補給とアンチエイジング製品が高い人気を集めている。
主要流通チャンネルは化粧品専門売り場で46.4%のシェアを持っており、次いでデパート(18.6%)、ドラッグストア(15.1%)、食料品雑貨店(10.9%)などの順で、直接販売を通じた流通は5.6%だった。
最近、韓国化粧品を求める消費者が増えており、特にマスクパックの人気が高い。
アトミ香港は9月のオープンを目指し準備を進めている。
会員登録は韓国で受け付けており、現在5,000人余りが会員登録した。


インド、高い経済成長率と中間層の拡大など直接販売に有利な環境

約13億8,000万の人口を持つインドの1人当たりの所得は2,000ドルを少し上回る。
しかし7%に迫る年間経済成長率と消費を引っ張る15~59歳の人口数が急増している点、そして中間層が大幅に拡大しており、将来さらに期待される市場である。
IBEF(India Brand Equity Foundation)は2025年にインドの消費市場が4兆ドルに達すると予想している。
直接販売市場も急成長している。
WFDSAの資料によると、世界15位のインドの直接販売市場は2019年基準で24億7,655万ドル(約2兆9,000億ウォン)規模で2018年比12.1%成長し、2016年から2019年までの3年間の年平均成長率は16.3%に達している。
また、販売員数は575万人余りと、全体人口の0.4%にも達していないことも、直接販売の成長の可能性が大きく伺える点だ。
主力製品群は「ウェルネス」と「化粧品およびパーソナルケア」でそれぞれ55.0%、27.0%のシェアを見せ、家庭用品および耐久財の割合も次第に拡大している。
直接販売市場の主力製品であるウェルネス市場と化粧品市場は今後もさらに成長する見通しだ。
注目すべき点は、ハーブ(Herb)を基盤とするという点で、漢方医学に類似したアーユルベディック製品に対する関心が高いということだ。
ウェルネス製品群であれ、化粧品であれ、インド固有のアーユルヴェーダの製造手法への関心が高まっているためだ。
また、多様なラインナップと高品質で口コミで広げている韓国産製品に対する関心が高まっており、アトミの品質と価格競争力が加われば良い結果が期待できる。
2025年のインドの中間層人口は5億4,700万人に達する見通しだ。
直接販売市場も同様に成長潜在力が豊富だ。
まだ3兆ウォン(約3,000億円)に及ばない世界15位の水準にとどまっているが、今後中国に匹敵する潜在力を持っていると言える。
現在、アトミインドは2019年に事務所のインテリア工事を完了した。
今年の下半期のグランドオープンを目標に65の製品の登録を終え、追加で商品登録手続きを進めている。
アトミインド側は年内に100万人以上の会員が登録するものと予想している。

トルコ、高い失業率と学びやすいトルコ語など期待される市場

中東と欧州の関門であるトルコは、地政学的にアジアの西端であり欧州とつながる国家である。
人口は約8,400万人で、2018年基準のGDPは7,665億ドルで、1人当たりの所得は9,311ドルだ。
流通市場はオンラインが急成長しており、SNSなどを活用したインフルエンサーマーケティングも拡大している。
トルコの直接販売市場は2016年から2019年まで年平均6.4%という高い成長率を記録している。

2019年トルコの直接販売市場規模は前年比2.8%減の4億8,371万ドルで、販売員数は130万人余りだ。
主力製品群は2014年基準で「化粧品」が60.9%を占めており、「家庭用品および耐久財」が18.7%を占めている。
トルコの化粧品市場は毎年15%以上成長しており、ヘアケアが全体市場の19.7%を占めている。
次いでスキンケア(16.6%)、カラー化粧品(14.3%)、香水類(11.6%)の順だ。
BBクリーム、マスクパッククッション、コンパクトなどが人気の韓国産製品はコストパフォーマンスは良いが認知度が低い。
健康食品の市場規模は2015年に1億5,200万ドル(約1,721億ウォン(約172億1,000万円))であり、2020年までに2億5,500万ユーロ(約2,574億ウォン(約257億4,000万円))にまで拡大する見通しだ。
また、最近になって都市化し、1人世帯の増加、女性の社会参加の増加などで簡単に食べられる食事の需要が拡大しており、キノア、チアシード、黒米、そば、アボカドなど栄養素が豊富な食材に対する関心も高まっている。
トルコは失業率が13%に達している点、そして韓国とは兄弟の国という認識、トルコ語と韓国語の文法が似ていて相対的に学びやすい点など、アトミの欧州進出において重要性が認められている。
トルコ進出は単なる新たな市場の開拓を越えて、今後の中東および欧州進出の戦略的なベースキャンプという点で意味が大きい。
現在、アトミトルコは事務所のインテリア工事が進行中であり、7月頃ライセンス申請を行う計画だ。

인터넷 익스플로러 사용자는 [도구]-[호환성보기] 를 클릭하여 호환성보기를 해제하여 주시기 바랍니다.

    LOG IN

    Atomy Stream